HOME>特集>公文書が正しいと証明する時に頼りになる存在とは

中国で就労する時や留学する時に必要な事

男性弁護士

中国に留学する時や就労する時等に中国大使館から認証を受ける必要がありますが、日本で発行された公文書を中国で正式な文書として使うには、日本国内にある中国大使館で領事認証を取得しなければいけません。原則的なルールとして、中国大使館は日本の外務省が公印確認をした文章でのみ、認証の手続きをしてくれるので、外務省から公印確認を取得する所から、スタートする必要があります。個人的に認証の手続を行うには、知識が豊富に必要になるので大変ですが、行政書士等のプロの先生を頼る事で、問題をスムーズに解決する事ができます。

行政書士によって得意な分野があります

行政書士は行政の手続き専門とする法律家ですが、得意な分野がそれぞれあるので、中国大使館から認証を受けたい場合は、中国関連に知識を豊富に持っている行政書士の方を頼る事が大切です。留学での認証の場合は、民事認証を行いますが、就労ビザ目的の場合は、商事認証になるので、必要になる公文書の種類に違いがでてきます。行政書士の方を利用して中国大使館から認証を得る時の傾向として、民事より商事の方が料金が高くなりやすく、公文書よりも私文書の方が高くなるので、意識して利用していきたい所です。中国は経済発展しており、最新テクノロジーの分野でも世界で注目されているので、日本から留学したり、就労をする機会は今後より一層増えていけますから、注目度も自然と上がっています。

広告募集中