HOME>イチオシ情報>残業代は適性の賃金なので会社に請求しよう
男性弁護士

違法なサービス残業をなくすために

大阪に限らず日本全国で問題化しているのが、本来支払うはずの残業代を支払わずに会社が利益を享受する違法なサービス残業です。サービス残業にはいくつか種類がありますが、その内容を分かりやすく言うのであれば本来管理者ではない人間に対して管理を任せることです。会社に所属している人間が残業を行えば残業代を支払う必要がありますが、それをアルバイトもしくは派遣契約をしている人間に委託することによって所属していない人間と仮定され残業代を支払う義務はなくなると考えています。アルバイトもしくは派遣契約をしている人間にとっては、雇ってくれている会社が上位の存在なので意見をすることができないのです。しかしサービス残業は違法であり、その流れのままだと体が壊れて働けなくなっても会社は何もしてくれない状態になります。間違えてはいけないのは、アルバイトや派遣契約者であっても法律で人権が守られておりどんな形であっても残業代請求はできるということです。そこで大阪で残業代請求をするときには、いくつか行う手順が存在します。

必ず情報をまとめてから実行すること

大阪だけでなく日本全国で問題になっているサービス残業による残業代未払いをクリアするためには、個人だけで戦わずにしっかりと弁護士に依頼することが重要になります。先に言ったとおりに相手は上位の存在であり、個人だけで戦ってもノウハウのある相手に対応するのが難しいです。そこで残業代請求の実績のある弁護士に依頼することによって、法律に沿って行動を起こしてくれるので上位の存在ともいえる会社に対しても請求の勝訴につながる可能性が大きくなります。ただ弁護士に依頼するにしても、ただ依頼をすればよいというわけではないです。なぜなら弁護士は残業代菓子は割れていないということを証明しないと動いてくれないので、できる限りで自身で証拠集めをする必要があります。それには残業の日数や給料明細に残業代が入っていないことなどの情報をまとめて、弁護士に伝えることによって証拠集めをすれば動いてくれます。

広告募集中